研究コンセプト

簡単で、安く、早く、精度の高い波浪予測を

幅広くお使いいただける高精細な波浪予測情報

背景

 海浜・海難事故は、海上保安庁や各種マリン団体による安全対策がなされているにもかかわらず、毎年、発生件数が増加しています。

 海上保安白書によりますと、平成11年における海浜事故者数は800人、そのうち死亡者は348人、また平成14年における海難事故による死亡者数は、漁業中、プレジャーボート等を合わせると213人と報告されています。 これら事故原因の一つに、精細な気象・海象情報を知らなかったことが挙げられています。

専門サイトの充実で事故が減少

 サーフィン・ボードセーリングというマリンレジャーの限られたカテゴリにおいては、ターゲットに特化した気象サービスが充実しており、サービスの浸透に伴って、精細な気象・海象情報を知らなかったことが原因とされる海難事故は、年々減少傾向にあります。

精細な気象・海象情報を知らなかったために起きたとされる海難事故数
  平成
6年
平成
7年
平成
8年
平成
9年
平成
10年
平成
11年
平成
12年
平成
13年
平成
14年
平成
15年
平成
16年
平成
17年
平成
18年
台風の発生件数 36 23 26 28 16 22 23 26 26 21 29 23 23
貨物船 7 12 6 11 9 13 17 2 4 6 11 8 11
漁船 33 17 33 28 35 36 23 29 38 60 50 51 52
遊漁船 1 1 0 1 2 1 1 3 5 0 4 2 2
プレジャーボート 51 41 60 67 61 57 124 96 81 89 76 68 94
遊泳中




    32 60 34 74 75 39
釣り中




    94 111 77 58 68 63
サーフィン中               44 29 24 15 18 15
ボードセーリング中               16 15 8 9 5 6
ダイビング中               6 4 3 20 2 4
合計               322 347 301 317 297 286

※サービス利用者が10万人を超えた平成15年ころから減少傾向に。


幅広くお使いいただきたい

 これまでも高精細な気象や波浪の予測情報は存在しましたが、沿岸開発や港湾・海洋工事の安全管理のために利用されており、一般マリンレジャー愛好者やマリン産業関係、中小企業にとっては敷居が高いものでした。

 そこで当社は、最新で適切なオープンソースソフトと最新気象データを有機的に連携させることにより、高精細な波浪予測情報を一般マリンレジャー愛好者から漁業従事者、自治体、企業、研究機関まで幅広くお使いいただけるような、簡単で、安く、早く、正確な波浪予測システムを開発しました。


発表論文一覧

リアルタイム波浪予測

Memo.png毎時大気解析GPV を用いたリアルタイム波浪予測システムの開発とその検証,海岸工学論文集,第55巻,pp.156-160.
Tracey H. Tom・間瀬 肇・安田 誠宏

論文ダウンロードLinkIcon

富山湾沿岸より回り波

Memo.png富山湾沿岸に災害をもたらした2008年2月冬季風浪の予測と追算シミュレーション,海岸工学論文集,第55巻,pp.186-190.
間瀬 肇・安田 誠宏・Tracey H. Tom

論文ダウンロードLinkIcon

GFS- WRF-SWAN援用波浪予測

Memo.pngGFS-WRF-SWAN システムによる3シーズンの波浪予測とシステムの検証,海岸工学論文集,第54 巻, pp.109-114.
間瀬 肇・勝井伸悟・安田誠宏・Tracey H. Tom・小川和幸

論文ダウンロードLinkIcon

援用波浪推算システムの構築

Memo.pngGFS-WRF-SWAN援用波浪推算システムの構築と検証,海岸工学論文集,第52 巻,pp.181-185.

間瀬 肇・木村雄一郎・ Tracey H. Tom・小川和幸

論文ダウンロードLinkIcon

ハリケーン・カトリーナ高波解析

Memo.pngハリケーン・カトリーナによる高波の解析,海岸工学論文集,第53 巻,pp.421-425.
Tracey H. Tom・間瀬 肇・勝井 伸悟・安田 誠宏・小川 和幸

論文ダウンロードLinkIcon

Wave forecasting system

Memo.pngWave forecasting system for seas surrounding Japan, Proc. 5th Int. Symp. WAVES 2005, ASCE, Paper Numer 141, CD-ROM, 2005.
Tom, T.H., Ogawa, K. and Mase, H.

論文ダウンロードLinkIcon